国際私法年報の概要
Japanese |English
■  国際私法年報 5号
  特集 比較国際私法(Part 2)
Current Developments in Australian Private International Law: Divergences from England and Notes regarding New ZealandKent Anderson
米国の国際私法の現状と課題
−製造物責任の準拠法問題を中心に−

高杉 直
イングランド国際民事訴訟法の革新
−国際裁判管轄を統合する「ナチュラルフォーラム」概念の完成−

斎藤 彰
台湾における国際私法と「域際私法」陳  一
スイス国際私法における債権移転の準拠法植松 真生
  学会報告から
外国判決承認要件充足の基準時と承認の発生時点
−ドイツにおける議論を参考に−

釜谷 真史
外国政府等に対する我が国国家機関の公権力行使
−「主権免除」再考−

横溝 大
準拠法の選択と「公法」の適用早川 吉尚
  ハーグ国際私法会議
口座管理機関によって保有される証券についての権利の準拠法に関する条約神田 秀樹
 ・早川 吉尚
  資  料
口座管理機関によって保有される証券についての権利の準拠法に関する条約(英語正文及び仮訳)神田 秀樹
 ・早川 吉尚
<資 料> 韓国国際私法青木 清
国際私法学会トップ学会の概要 定款・規則 学会の活動 会員入会案内 法律・条約 史料リンク