国際私法学会の研究大会
日本語 |English
■ 国際私法学会第123回(2011年度春季)大会
*当日の会場については、変更の可能性があります。
*変更がある場合には、4月末日までに、国際私法学会ホームページを通じてお知らせいたします。

日時:2011年 5月 15日 (日曜日) 10時00分開会 (受付開始9時30分)
会場:成城大学 3号館地下1階003教室
住所:〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 成城大学
<研究報告会>
◇午前の部(10時00分〜12時00分) (3号館地下1階003教室)
  座長 大阪大学 長田 真里 氏
(1) 著作権の原始的所有者を特定するための準拠法
大阪経済大学 山口 敦子 氏
(2) 仲裁法における強行規定の範囲 −仲裁判断取消事由の任意的拡張を中心として−
法政大学・立教大学 非常勤講師 小川 和茂 氏
<研究報告会>
◇午後の部(13時30分〜17時00分) (3号館地下1階003教室)
 
  立教大学 早川 吉尚 氏
(3) 法体系における介入規範の位置付け−抵触法と実質法双方の視点から−
北海道大学 嶋 拓哉 氏
(4) 消費者団体訴訟と国際私法
上智大学 出口 耕自 氏
*  休憩(15時30分〜15時50分)
(5) アジア法務の現状と課題
弁護士法人曾我・瓜生・糸賀法律事務所 宍戸 一樹 氏
国際私法学会トップ学会の概要 定款・規則 学会の活動 会員入会案内 法律・条約 史料リンク