国際私法学会の研究大会
日本語 |English
■ 国際私法学会第121回(2010年度春季)大会
日時:2010年 5月9日 (日曜日) 9時30分開会 (受付開始9時)
会場:神戸大学 アカデミア館(正門横)501号室
午前の部(9時30分〜11時30分)(501 号室)
<個別報告>
 

   座長 学習院大学 神前 禎 氏

(1) ローマII規則における不当利得について(9時30分〜10時30分)
   帝塚山大学  片岡雅世氏

(2) 不法行為準拠法における実質法の機能
   −アメリカ抵触法とローマII規則の対比において−(10時30分〜11時30分)
   愛媛大学  不破 茂 氏

午後の部(12時50分〜17時00分)(501 号室)
<統一テーマ>  国際家事事件の手続問題
 

   座長 日本大学 織田有基子氏

(3) 家事事件裁判の承認・執行に関する若干の問題(12時50分〜13時50分)
   立命館大学   渡辺惺之氏

(4) 外国離婚裁判に関する諸問題
   −ブラッセルII bis 規則とわが国との関係を中心に−(13時50分〜14時50分)
   関西学院大学  岡野祐子氏

*  休憩(14時50分〜15時10分)

(5) 国際非訟事件における手続上の諸問題(15時10分〜16時10分)
   一橋大学   山本和彦氏

(6) 統一テーマについての質疑応答 (16時10分〜17時00分)

国際私法学会トップ学会の概要 定款・規則 学会の活動 会員入会案内 法律・条約 史料リンク