国際私法学会の研究大会
日本語 |English
■ 国際私法学会第107回(2002年度秋季)大会
日時:2002年10月14日 (月曜日) 
会場:日本大学法学部本館(第1号館)2階124講堂及び第1会議
午前の部 (9時30分〜11時)
 <個別報告>

  •  準拠法選択と「公法」の適用
                      立教大学 早川吉尚 氏
 <シンポジウム>(11時10分〜12時)
 テーマ:アジアおよびヨーロッパの国際私法の現状と問題点

 座長   一橋大学 横山 潤
  • 韓国国際私法の改正
                      南山大学 青木 清 氏
  • 中国国際私法の現状と改革
                      大阪大学 黄ジンテイ 氏
  • 台湾における国際私法と「域際私法」
                      金沢大学 陳 一 氏
午後の部(13時30分〜16時40分)第1会議室
 <シンポジウム(続)>

  • ドイツ国際私法の現状と問題点―民法施行法17b条(人生パートナー関係)を中心に―
                      大阪市立大学 国友明彦
  • フランス国際私法の現状と問題点
                      金沢大学 横溝 大 氏
  • イタリア国際私法の動向と欧州における債権譲渡
                      東北大学 西谷祐子 氏
  • スウェーデン国際私法の現状―他の北欧諸国にも言及しつつ―
                      学習院大学 神前 禎 氏
  • スイス国際私法における準拠法選定に関する3点について
                      香川大学 植松真生 氏
国際私法学会トップ学会の概要 定款・規則 学会の活動 会員入会案内 法律・条約 史料リンク